JR東日本で働く全ての皆さん!

「安全性」「専門性」「人間性」の否定されている
『新たなジョブローテーション』施策に

〝不安〟や〝不満〟を抱えるなど、悩まされていませんか?
​組合に加入していない方はもちろん、
輸送サービス労組以外の組合員の方からの相談も受け付けます!

公式ツイート

  • Twitter

最新情報

各種情報資料

 JTsU-e Journal 
 毎月1日発行の輸送サービス労組の機関紙です。
 MAIL NEWS
 時々の情勢に応じて発行している輸送サービス労組の情報紙です。 
 FREEDOM
 本部サークル連絡会の情報紙です。 

 団体交渉資料
 輸送サービス労組からJR東日本への団体交渉の申し入れや交渉状況です。
 職場討議資料 
 職場集会や総対話等の資料です。
 声明と見解 
 輸送サービス労組としての声明と見解です。

 

加入をお待ちしています!

 JR東日本グループで働く皆さん!エッセンシャルワーカーとして日々奮闘しているにも関わらず、矢継ぎ早に行われる施策によって生涯設計が描けなくなったり、将来への不安を覚えたりしていませんか?今、働く私たちの尊厳を守り、賃金や手当、労働環境の改善を要求し、〝働きがい〟と〝生きがい〟を実感できるJR東日本・グループ企業の創造が必要です。

 ぜひ、輸送サービス労組へ加入し、私たちと手を携え、未来を切り拓きましょう

JTSUの共済

 輸送サービス労組の加盟する日本輸送サービス労働組合連合会(JTSU)では、「JTSU相互共済」や「JTSU乗務員共済」という共済も充実しています。

 社会における中間共同体と位置付けられる労働組合として、組合員の相互扶助の精神を大切にし、人間らしい生活を送る手助けをしています。

​■団体交渉資料 ​※2021年7月3日以降

 

各種お問い合わせ

 輸送サービス労組へのお問い合わせは、こちらから受け付けています。用途に合わせ、フォームへの誤入力をお願いいたします。

 JR東日本のグループ企業等にお勤めの方(パート・アルバイト等の雇用形態は問いません)による労働相談は、JTSUの「労働・法律相談」をご利用ください。

JTSU労働・法律相談.png

​■アクセス・コンタクト

 名 称

  JR東日本輸送サービス労働組合

 略 称(英略)

  輸送サービス労組(JTSU-E)

 結成日

  2020年2月10日

 所在地

​  〒135-0044

  東京都江東区越中島3-5-10

 電話番号

  03-6458-5603

 FAX番号

​  03-6458-5605

労働組合×SDGs

IMG_4196.jpeg
労働組合×SDGs.png

 近ごろは「数十年に一度の大雨」「体験したことのない暴風雨」といった言葉を耳にすることが多くなりました。私たちの暮らす地球は、人間が豊かな生活を求め、自然・環境を破壊する経済活動がいき過ぎたために、気候危機という形で警鐘を鳴らしています。すでにグローバル・サウスでは、自然との共生ができなくなり、居住地や仕事が奪われ始めています。これは、今後、世界中の誰にも降りかかると言われています。

 私たち輸送サービス労組は、社会における中間共同体である労働組合として、「いき過ぎた開発」から「持続可能な開発」へのシフトチェンジを促し、次世代へ地球環境の豊さと人々の生活の豊かさを共存できる社会の引き継ぎを目指します。

 私たちは、国連加盟国が合意した脱炭素社会とSDGs(持続可能な開発目標と地球環境保全)を重んじ、気候変動対策や循環型社会実現の一翼を担い、次世代に豊かな地球環境を引き継ぐことを目指す​(JTSU-E綱領より)

​■JTSU-E channel

  • YouTube

​ 輸送サービス労組では、公式YouTubeチャンネル「JTSU-E channel」を開設しました。機関紙「JTSU-E Journal」や情報誌「MAIL NEWS」公式ツイッターアカウントに続き、映像コンテンツも充実を図ります。ぜひチャンネル登録をお願いいたします。

JTSU-E channel.png

​■Vol.1「まもなく結成から1年〝私たちの軌跡〟」

 私たち輸送サービス労組は、2020年2月10日に結成しました。結成からのおよそ1年、全組合員と連帯する全ての仲間と一歩一歩を共に歩んできました。その〝私たちの軌跡〟を、公式YouTubeチャンネル「JTSU-E channel」にて、映像コンテンツとして、皆さんへお届けいたします。

​■ヘルプマーク

 ヘルプマークをご存知ですか?輸送サービス労組は、鉄道業に従事する者の労働組合として、思いやりのある『ヘルプマーク』の普及拡大に努めています。JR東日本では、労使議論により、ヘルプマークが優先席付近へ掲出されるようになりました。

〜外見からは分からなくても援助や配慮が必要な方がいます〜

 電車内でこのマークを見かけたら、座席をお譲りください。また、お困りの様子でしたら声をお掛けいただくか、近くの係員までお知らせください。皆さんの、思いやりのある行動に心から感謝すると同時に、引き続きのご理解とご協力をお願いいたします。

leaflet_front.jpg
1.jpg

​■JTSUtube

  • YouTube

 私たちの加盟する日本輸送サービス労働組合連合会(JTSU)では、公式YouTubeチャンネル「JTSUtube」にて、不定期の動画配信を行っています。ぜひ、ご視聴の上、チャンネル登録、高評価、各SNSのチェックもお願いします